ヴァージニア・アプガー 生誕 109 周年

Google日本語版トップページに 2018年6月7日(木)、ヴァージニア・アプガー(Heinz Sielmann)の生誕 109周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像には再生ボタンが描かれていて、画像をクリックするとショートアニメが始まります。
その後、画像を再度クリックすると、キーワード「ヴァージニア・アプガー」の検索結果が表示されます。

ヴァージニア・アプガー( 1909年6月7日 – 1974年8月7日 )は、米国ニュージャージー州出身の女医・女性医学者・麻酔科医。
1952年に、新生児の出産の際の健康状態の評価方法としてアプガー指数を導入し、そのことによって、乳幼児死亡率が低下したそうです。生涯独身。

1994年に、肖像が合衆国の 20セント普通郵便切手( Great Americans series)に採用されました。

アプガー指数は、日本では昭和30年代後半(1960年代)から広く用いられるようになったそうです。
私が生まれていた頃には普及していたはずで、子供の頃の私もアプガー指数で健康状態の判定を受けていたかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です