クルト・マズア 生誕 91 周年

Google日本語版トップページに 2018年7月18日(水)、クルト・マズア(Kurt Masur)の生誕 91周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「クルト・マズア」の検索結果が表示されます。

クルト・マズア( 1927年7月18日 – 2015年12月19日 )は、旧東ドイツ出身の指揮者。

ライプツィヒでピアノ・作曲・指揮法を学び、いくつかの歌劇場での指揮者としての活動の後、1955年にドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に着任し、1958年まで勤務。

1960年から 1964年までベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽監督、1967年から 1972年までドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者を務めました。

1970年にライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者に就任し、1972年から音楽監督に。
1997年にゲヴァントハウス管弦楽団音楽監督を辞任。

2000〜2007年ロンドン・フィルの首席指揮者、2002〜2008年フランス国立管弦楽団音楽監督。

私のクラシック音楽への知識は浅く、レオポルド・ストコフスキー、ヘルベルト・フォン・カラヤン、レナード・バーンスタイン、クラウディオ・アバドあたりの名前は知っていますが、クルト・マズアの名前は記憶にありません。

でも、Google のロゴ画像として取り上げられるくらいなので、クルト・マズアは指揮者として有名な人なのでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です