テレサ・カレーニョ 生誕 165 周年

Google日本語版トップページに 2018年12月22日(土)、テレサ・カレーニョ(Teresa Carreño)の生誕 165周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像をクリックすると、キーワード「テレサ・カレーニョ」の検索結果が表示されます。

マリア・テレサ・カレーニョ・ガルシア・デ・セナ( 1853年12月22日 – 1917年6月12日 )は、ベネズエラ出身の女性ピアニスト・声楽家・作曲家・指揮者。
父親は外務大臣や大蔵大臣を歴任したベネズエラの政治家でしたが、ピアノの才能のあった人で、テレサは最初、父親からピアノを習い、その後、プロのピアニストから指導を受けるようになります。

1862年、ベネズエラの政変により、家族で米国に移住。
テレサはニューヨークでルイス・モロー・ゴットシャルクの指導を受け、同年の 11月28日に 9歳でデビュー。
翌1863年にはフランスに行き、ヨーロッパでの演奏活動を開始。1876年にはオペラ歌手としてもデビューしました。

4度の結婚歴があり、子供は 5人。そのうち、テレシータ・ターリャピエトラ=カレーニョは有名なピアニストになりました。

テレサは世界的なピアニストだったそうですが、私はテレサ・カレーニョの名前を知りませんでした。
私がクラシック音楽に無知なだけなのか、テレサが 21世紀初頭の日本では知名度の低い人になっているのか、本稿執筆時点の私には分かりません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です