レフ・ランダウ 生誕 111 周年

Google日本語版トップページに 2019年1月22日(火)、レフ・ランダウの生誕 111周年にちなんだロゴ画像が表示されました。
ロゴ画像画像をクリックすると、キーワード「レフ・ランダウ」の検索結果が表示されます。

レフ・ランダウ( 1908年1月22日 – 1968年4月1日 )は、ロシアの理論物理学者。
絶対零度近くでのヘリウムの理論的研究によって、1962年にノーベル物理学賞を受賞した人です。

ランダウは、14歳でバクー国立大学物理学科に入学し、16歳でレニングラード大学に移り、1927年に 19歳で学位を取得。

1927年、エネルギー密度行列の概念をフォン・ノイマンと並行する形で独自に発見しました。
その後、ランダウは学者として順調でしたが、スターリンを批判するビラを作成したことにより、1938年4月28日に 2名の同僚とともに逮捕され、1年ほど投獄されました。

1940年代前半から 1950年代前半にかけて、ランダウはソビエトの原子爆弾および水素爆弾開発プロジェクトに参加します。
ランダウはこのプロジェクトを嫌っていて、最小限の仕事に留めるよう努めましたが、結果的に水素爆弾開発に多大な貢献をしてしまい、この貢献により、1949年と 1953年にスターリン賞を受賞し、1954年に社会主義労働英雄の称号を授与されました。

ところで、私生活でのランダウは、結婚後も複数の愛人がいて、妻や弟子たちにも不貞をすすめていたそうです。
常識にとらわれないのは良いことですが、私はランダウの恋愛に対する姿勢には共感しません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です