ヒメスズメバチを確認

2014年6月21日(土)の午前11時頃、台所で昼食の準備をしていた妻が、自宅の裏にある通路に大きな蜂がいるのを見つけました。

私も台所の窓から蜂を目撃し、スズメバチだと判断しました。

スプレー式の殺虫剤を持って通路に行ったところ、先に妻がスプレーで蜂を退治してました。

その後、ネットで情報収集してみたところ、日本には 7種のスズメバチ(オオスズメバチ、コガタスズメバチ、キイロスズメバチ、ヒメスズメバチ、モンスズメバチ、チャイロスズメバチ、ツマグロスズメバチ)が生息していることが分かりました。

今回、自宅裏の通路に来ていたのは、ヒメスズメバチでした。

ヒメスズメバチは、スズメバチの中では大人しく、毒性もそれほど強くないそうです。

その後、自宅裏の通路周辺を捜索してみたところ、ヒメスズメバチの巣は見つかりませんでしたが、ヒメスズメバチの獲物であるアシナガバチの巣が見つかりました。

明日の早朝にでも除去しようと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です