イチロー、今季3度目の複数安打

大リーグのニューヨーク・ヤンキース所属のイチロー外野手が 2014年4月11日、レッドソックス戦に「7番レフト」で先発出場し、4打数2安打1得点で、打率を 4割4分4厘としました。
試合は、「2‐4」でヤンキースが負けました。

勝ち投手は、レッドソックス先発のレスター。
レッドソックスの田沢純一投手は、7回に 2アウト 1、3塁の場面で 2番手として登場し、1回 1/3 を無失点に抑えました。

イチローは、5試合ぶりの先発出場。

イチローは、5回にピッチャー強襲の内野安打。
7回にはライト前ヒットで出塁し、後続打者のタイミリーヒットでイチローがホームベースを踏みました。

今シーズン、イチローは先発した 4試合すべてでヒットを打ち、そのうち 3試合は複数安打。
例年はスロースターターのイチローですが、今シーズンは控えということもあってか、4月から活躍しています。

かなり調子よさそうなのに、守備固めや代走でしか出場できない試合が多いのは、残念。

なお、レッドソックスの上原浩治投手は、肩の張りとのことで、この日は登板しませんでした。

イチローと上原の対決がなかったのも残念です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です