イチロー、代打でヒット

ニューヨーク・ヤンキースのイチロー外野手が 2014年5月1日(日本時間で 2日)、チームの本拠地で行われたマリナーズとの試合で代打で出場しました。
今シーズン、イチローの代打での出場は、今回が初めて。

試合は、「2‐4」でマリナーズが勝ちました。

この試合、ヤンキースの先発は黒田博樹投手で、6回を投げ、7安打4失点(自責点3)、7奪三振。

黒田は負け投手となり、今季の勝敗数は 2勝3敗となりました。

イチローは、 9回裏 2死ランナーなしの場面で打席に立ち、マリナーズの抑え投手ロドニーが 3球目に投げた 151キロのツーシームをライト前ヒット。
1打数1安打で、打率は 3割7分2厘となりました。
スタメンでの出場機会が少ない状況で、打率 3割以上は、さすがです。

ただ、現時点でイチローは、42打数16安打。
仮に打率を 3割以上で維持したとしても、年間に 100安打は難しいでしょう。

イチローにもう少し多く、先発出場の機会が与えられるようになることを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です