イチロー、5試合19打席ぶり安打

ニューヨーク・ヤンキースのイチロー外野手が 2014年7月20日(日本では 21日)、本拠地でのレッズ戦に「7番ライト」で先発出場し、4打数1安打でした。

イチローは、オールスターをはさんで 4試合16打席連続無安打の状態でしたが、この試合の 6回、5試合19打席ぶりの安打となるセンター前ヒットを放ちました。

イチローの打率は 2割8分5厘となり、今シーズン自己最低。

試合は「3‐2」でヤンキースが勝ち、後半3連勝で、チームの貯金は 3となりました。

なお、トロント・ブルージェイズの川崎宗則内野手は同日、本拠地でのレンジャーズ戦に「2番セカンド」で先発出場し、5打数2安打1打点。
川崎は 7月に入ってから 6度目の 1試合複数安打で、打率 2割9分4厘となりました。
試合は「9‐6」でブルージェイズが勝っています。

今後、イチローの打撃が復調するか、注目しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です