イチロー、2安打2打点

ニューヨーク・ヤンキースのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2014年8月24日(日本では 25日)、ニューヨークで行われたホワイトソックス戦に「8番ライト」で先発出場し、4打数2安打2打点。
今季19度目の 1試合複数安打を記録しました。
試合は延長戦となり、10回裏にマキャンが代打サヨナラ3ランを放ち、ヤンキースが「7‐4」で勝ちました。

イチローはこの試合、3回の第1打席にレフト前ヒット。
6回の第3打席は 2アウト満塁の状況でライト前ヒットで 2打点。

2本とも、初球打ちでの安打でした。

イチローは 7月13日のオリオールズ戦以降、打撃不振に陥りましたが、8月に入ってから持ち直し、この日の 2安打で打率は 2割8分3厘となりました。

ちなみに、本稿執筆時点で、規定打席数は「所属球団の試合数 × 3.1」と定められています。

8月24日の試合を終えた時点で、ヤンキースの試合数は 111 で、規定打席数は 344.1 となります。

イチローの打数は 272 ですので、規定打席に足りません。

今季の残りの全試合にイチローが先発出場し、1試合あたり 4度打席に立った場合に規定打席数に届くかどうか、計算してみたところ、届きませんでした。

来シーズン、イチローが MLBで規定打席数をクリアして活躍することを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です