イチロー、途中出場で 2安打1打点

ニューヨーク・ヤンキースのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2014年9月6日(日本では 7日)、本拠地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に途中出場し、2打数2安打1打点の活躍でした。

試合は、ヤンキースが「6‐2」で勝ちました。

イチローはこの試合、5回裏 2アウト1塁2塁の場面で代打で登場。
初球打ちでセンター前ヒットし、1打点。
8回にはセカンドへの内野安打を放ち、打率を 2割8分6厘としました。

イチローの 1試合複数安打は 2014年8月25日以来で、今季21度目。

なお、この日は全米オープンテニス準決勝戦があり、錦織圭が世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破っています。

イチローは錦織の勝利が嬉しかったのか、球場までテニスシューズタイプのスニーカーを履いてきたそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です