イチロー、今季初打点

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2015年4月12日(日本時間で 13日)、本拠地で行われたレイズ戦に「5番センター」で先発出場し、3打数1安打でした。
試合は「5-8」でマーリンズが負けました。

イチローの打撃内容は以下の通り。

2回の第1打席はレフトフライ。
4回の第2打席は、2死1,3塁の状況でレフトに犠牲フライし、今季初打点。
6回の第3打席は空振り三振。
8回の第4打席は、2死2塁の場面でレフト前ヒット。

イチローは今季、開幕から 5試合続けて代打での途中出場でしたが、開幕 6試合目のこの試合は、今季初のスタメンでした。
センターのレギュラーのマルセル・オズーナが試合前の打撃練習に遅刻したことに対し、レドモンド監督が懲罰的にオズーナをこの試合のスタメンから外したとのことです。

多分、当初予定ではオズーナを 5番で先発させるつもりで、そのままイチローを 5番で起用したのでしょうが、イチローを 5番に入れたのは意外。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です