1番イチロー、2盗塁

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2015年5月3日(日本時間で 4日)、本拠地でのフィリーズ戦に「1番レフト」で先発出場し、3打数1安打1四球、2盗塁、1得点。
打率を 2割6分9厘としました。

この試合、普段はマーリンズで 1番打者を務めるディー・ゴードンが休養で、イチローが今シーズン初めて 1番打者で起用されました。

イチローは、1回裏に四球で出塁後、二盗と三盗を決めました。

三盗後、3番打者スタントンの犠牲フライでイチローが本塁に帰還し、マーリンズが先制。
しかし、試合は「6-2」でフィリーズが勝ちました。

マーリンズは前日の勝利で勝率 5割に乗せたばかりでしたが、この日の敗北で 12勝13敗となり、またも黒星が先行。
イチローは活躍したものの、チームの勝利という結果が出なかったのが残念です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です