イチロー、2安打1打点

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2015年5月4日(日本時間で 5日)、敵地でのナショナルズ戦に「7番レフト」で先発出場し、4打数2安打、1打点。
打率を 2割8分2厘としました。

イチローはこの試合、2回にライト前ヒットで出塁したものの牽制死。
第2打席と第3打席は凡退。
8回表、二死満塁の好機にセカンドへのタイムリー内野安打。

イチローの内野安打でマーリンズは 2点リードとなりましたが、8回裏に 4点を失い、試合はナショナルズが「6-4」で勝っています。

このところ、マーリンズは先発投手が降板して以降に失点するのが目立ちます。
投手陣が崩壊しているのか、あるいは、捕手に問題があるのか?

マーリンズは、打撃不振のジャロッド・サルタラマッキア捕手を 2015年4月中頃に正捕手から外し、4月27日にメジャー40人枠から外しました。
現在は 24歳の J.T.リアルミュートが正捕手を務めています。

リアルミュートが捕手として向上すれば、マーリンズも勝率が良くなるのかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です