イチロー、通算499盗塁

大リーグのマイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年4月17日(日本時間で 18日)、本拠地でのブレーブス戦に 6回の守備から「9番センター」で途中出場し、2打数2安打1四球1打点1得点1盗塁の活躍でした。

イチローの 1居合複数安打・打点・得点は、今季初。

イチローが出場した時点ではブレーブスが「5-0」でリードしていましたが、6回裏以降、マーリンズが粘ります。

イチローは、6回裏にセンター前ヒットで出塁し、次打者ゴードンの打席で二盗を試み、MLB通算 499個目の盗塁を決めました。
その後、スタントンが死球となり、イチローは押し出しで「得点」。
この回、マーリンズは 3得点します。

イチローは 7回裏、1死3塁の場面で四球で出塁し、ゴードンのセカンドゴロの間に 3塁走者が本塁に生還し、1点差に。

9回裏には、2死2塁の場面でイチローがレフト前ヒットで 1打点。

なお、マーリンズは 10回に失点して 1点差で破れ、4連敗。

イチローは、今季 9打数4安打で打率 4割4分4厘になりました。

前日の試合では代打イチローに代打が出されてしまいましたが、この試合でマルチ安打の活躍には感動しました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です