イチロー、日米通算 700盗塁

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年6月2日(日本時間で 6月3日)、本拠地でのパイレーツ戦に「1番センター」で先発出場し、今季8度目の 1試合複数安打し、日米通算 700盗塁(MLB 501、NPB 199)を達成しました。
試合は、後攻のマーリンズが延長12回に「4-3」でサヨナラ勝ちしました。

イチローはこの試合、3回先頭の第2打席にショート越えの安打で出塁後、4番スタントンのタイムリー二塁打で得点。
4回2死ランナーなしの状況で迎えた第3打席には左中間に二塁打し、MLB通算安打は 2965本になりました。
7回の第4打席ではエラーで出塁し、今季 3個目の盗塁を決め、日米通算 700盗塁到達。

この試合のイチローは 5打数2安打1四球1得点1盗塁で、打率 3割2分3厘。

イチローは守備でも活躍し、2回には 2死満塁の状況で右中間への打球をスライディングキャッチ、4回にはフェンス際でジャンピングキャッチを披露しました。

かなりイチローが活躍した試合でしたが、NHK BS で中継がなかったのが残念。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です