イチロー、5打数2安打1打点1盗塁

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年6月7日(日本時間で 6月8日)、敵地ミネアポリスでのツインズ戦に「1番レフト」で先発出場し、5打数2安打1打点1得点1盗塁でした。
この日の 5打席の結果は、右前打、二ゴロ、左飛、二ゴロ、右前打。

第1打席ではヒットで出塁後、後続打者の四球とニゴロで三塁まで進み、4番スタントンの遊ゴロでホームベースを踏みました。

第2打席は、「1-2」で 1点ビハインドの 3回表無死三塁の状況で、イチローのニゴロで三塁走者エチャバリアがホームインし、イチローに打点が付きました。

延長10回の第5打席は、先頭打者で打席に立ち、ライト前ヒットで出塁しましたが、後続が三連続三振。
なお、10回表の 1死からイチローは二盗に成功し、今季の盗塁数は 6になりました。

試合は、マーリンズが延長11回に「4-6」でサヨナラ負けしました。

イチローは今季9度目の 1試合複数安打で、打率 3割1分7厘。
MLB通算 2968安打となり、300安打まで残り 32本です。

日本プロ野球の通算安打記録は張本勲の 3085本ですが、イチローがメジャーでの安打数だけで張本の記録を抜くことを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です