イチロー、今季3度目の 3安打以上

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年6月8日(日本時間で 6月9日)、敵地ミネアポリスでのミネソタ・ツインズ戦に「1番指名打者」で先発出場し、5打数3安打1打点1得点でした。
イチローの 1試合3安打以上は、今季 3度目。

試合はマーリンズが「5-7」で負けました。

イチローはこの試合、今季初めての DH での出場。
第1打席はセンターフライに倒れましたが、3回・5回・6回に 3連続のライト前ヒット。

特に 5回の第3打席は、4点ビハインドの 1死一、三塁の状況でタイムリーヒット。
その後、マーリンズは 2死満塁とした後でオズナとスタントンが連続適時打で同点に。
6回の第4打席は 2死一塁から 2死一、三塁にチャンスを広げ、プラドのタイムリーでマーリンズが勝ち越し。

しかし、ツインズが 6回に 1点、7回に 2点取り、イチローが 8回2死走者なしで第5打席を迎えた時点では「5-7」。
イチローはファーストゴロに倒れました。

イチローの打率は 3割3分、MLB通算安打は 2971本になりました。
今の調子なら 8月には 3000本安打を達成しそうです。

いつのまにか、イチローの打率がチームで一番になってました。
規定打席数の条件を満たすことを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です