イチロー、MLB通算2973安打に

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年6月9日(日本時間で 6月10日)、敵地ミネアポリスでのミネソタ・ツインズ戦に「1番ライト」で先発出場し、5打数2安打1打点2得点でした。
イチローの 1試合複数安打は 3試合連続で、今季 11度目。

試合はマーリンズが「10-3」で勝ち、連敗を 2で止めました。

イチローはこの試合、第1打席にライト前ヒットで出塁し、牽制悪送球で二塁に進み、4番オズナの二塁打で先制のホームを踏みました。

「2-2」の同点で迎えた 7回1死一、二塁の第3打席には右中間に勝ち越しの適時打。
この回、イチローのタイムリーを機にマーリンズ打線が爆発し、一挙 7点。

イチローの打率は 3割3分3厘、MLB通算安打は 2973本になりました。

この日のツインズ戦でマーリンズ打線は計 18安打。
打席に立った 11人のうち、9人がヒットを記録しています。
無安打だった 2人のうち、「5番指名打者」のスタントンは「5打数4三振」で、今季打率が 1割9分7厘となり、打撃不振が目立ちます。

マーリンズは現在、ナショナルリーグ東地区 3位。
主砲スタントンが復調してほしいものです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です