イチロー、3000安打まで 9本に

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年7月15日(日本時間で 7月16日)、敵地セントルイスでのカージナルス戦に代打で出場し、センター前ヒットを放ち、打率を 3割3分9厘としました。
イチローの安打は、7月4日のメッツ戦以来、4試合ぶりで、MLB通算安打は 2991本になり、3000安打まで 9本です。

イチローはこの試合、8回表 1死無走者で 1点ビハインドの場面に、投手フェルプスの代打で 9番打者として打席に立ちました。
イチローは出塁後、次打者の打席中に牽制悪送球で二塁に進み、2番プラドのタイムリーでホームを踏み、同点に。
試合は、先攻のマーリンズが 9回に 1得点し、「7-6」で勝ちました。

このところのイチローは代打起用が多く、限られた出場機会の中で着実に 3000安打に近づいているとはいえ、安打数の伸びるペースはスローダウンしています。
今月(2016年7月)中の 3000安打到達を期待していますが、難しくなってきたかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です