イチロー、3000安打まで残り1に

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年8月6日(日本時間で 8月7日)、敵地でのロッキーズ戦に代打で出場し、2打数1安打しました。

イチローは、7月28日のカージナルス戦で二塁打を放って以降、11打席連続ノーヒットでしたが、久々のヒットで MLB通算 3000安打まで残り 1安打となりました。

この試合、イチローは 8回表の先頭打者として、「3-12」で 9点ビハインドの状況で 4番スタントンの代打で登場し、三塁への内野安打で出塁。
その後、二死満塁で三塁走者イチローの場面で代打ディートリッチが四球となり、イチローがホームへ帰還しました。

イチローはライトの守備につき、9回無死一塁でこの試合 2度目の打席が回りますが、ピッチャーゴロで討ち取られました。

なお、試合はマーリンズが「6-12」で負けました。

この試合の後、マーリンズはイチローが 7日のロッキーズ戦(日本時間で 8日の午前5時10分に開始予定)に先発出場予定であることを明らかにしました。
早起きしてテレビで観戦することも考えましたが、無理せず、後で結果を知ることにしました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です