イチロー、3011安打

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年8月29日(日本時間で 8月30日)、敵地ニューヨークでのメッツ戦に「6番ライト」で先発出場し、4打数2安打1得点1盗塁。打率 2割9分8厘になりました。
試合は、マーリンズが延長10回に「1-2」でサヨナラ負けしました。

イチローはこの試合、4回にレフト前ヒットで MLB通算3010安打(歴代27位)のウェイド・ボッグスに並び、8回に右中間を破る二塁打で MLB通算3011安打(歴代26位)のキャップ・アンソンに並びました。

また、4回に出塁した際には二塁への盗塁に成功し、今季の盗塁数が 10になりました。

このところ打撃不振で打率が 3割を割ってしまったイチローですが、復調して打率 3割台でシーズンを終えてほしいものです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です