イチロー、3割復帰 3025安打

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手(以下、敬称略)が 2016年9月12日(日本時間で 13日)、敵地でのブレーブス戦に「2番レフト」で先発出場し、5打数3安打1打点2得点の活躍。
打率 3割1厘となり、久々に打率が 3割台に復帰しました。
なお、マーリンズは「7-12」で負けました。

イチローはこの試合、第1打席に二塁打、2回の第2打席はレフトフライ。
第3打席は 4回 2死一、三塁の場面でライト前タイムリー。
第4打席は 6回無死一塁でライト前ヒット、第5打席は 7回 1死二塁でセカンドゴロでした。

イチローの 1試合複数安打は今季25度目、3安打以上は今季6度目。

イチローの MLB通算安打数は 3025本となり、この試合でルー・ブロックの 3023安打に追いつき、追い越しました。

現時点で MLB通算安打数でイチローのすぐ上に位置するのは、3053安打のロッド・カルー。
今シーズン終了までにイチローがロッド・カルーに追いつくのは難しそうです。

イチローが来シーズンもメジャーリーグで活躍し、安打数を積み重ねていくことを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です