Jリーグ、EAと契約

Jリーグの公式サイトに 2016年2月18日、2016年Jリーグトップパートナー契約決定のニュースリリースが掲載されました。

Jリーグが Electronic Arts Inc. (以下、EA)とJリーグトップパートナー契約を締結することを決定したとのことです。

EAはアメリカの大手ビデオゲーム・コンピューターゲーム販売会社で、スター・ウォーズシリーズやバトルフィールドシリーズなど、様々なゲームを販売しており、同社のスポーツゲーム専門ブランド「EAスポーツ」でサッカーゲームの FIFAシリーズを販売しています。

これまで FIFAシリーズでは日本代表や Jリーグのチームを使うことができませんでしたが、今回の契約により、「FIFA17」では Jリーグのチームが登場することになりそうです。

なお、サッカー日本代表チームのライセンスは JFA(日本サッカー協会)の管理下にあるので、今回の契約によって「FIFA17」に日本代表が登場することはありません。

今後、JFA が EA と契約し、FIFAシリーズに日本代表チームが登場することを期待します。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です