衆議院が解散 2014/11/21

2014年11月21日(金)、衆議院が解散しました。
政府は午前9時からの閣議で解散詔書を決定し、全閣僚が関係書類に署名。
13時からの本会議で解散しました。

衆院解散は、2012年11月16日以来、約2年ぶり。

前回の解散のときは民主党政権で、首相は野田佳彦(のだ よしひこ)衆議院議員でした。

今回は、安倍晋三首相が率いる自民・公明の連立政権。
この 2年間で、議員定数削減はほとんど進まず、消費税率の 8%への引き上げは実行されました。

次の選挙では、現政権の経済政策「アベノミクス」の是非が最大の争点となると思われます。

衆院選の日程は、12月2日に公示、12月14日に投開票。

会派離脱中の議長を含めると、自民・公明両党の解散前勢力は 326議席。
選挙区295、比例代表180の計475議席の過半数となる 238議席以上を自民・公明両党が確保できるか、注目しています。

なお、今年(2014年)の NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の最終回が 2014年12月14日に放送予定です。

NHK BSプレミアムの方は通常通り 18時からの放送で問題ないですが、NHK総合の方は 20時からの放送では開票速報と時間がぶつかります。

私は普段通り、BS の方を予約録画し、後日鑑賞するつもりですが、NHK総合での「軍師官兵衛」最終回の放送日時は気になります。

追記:
NHK が 2014年11月21日の午後、「軍師官兵衛」最終回を 12月21日に放送すると発表しました。
NHK総合で 20時から、BSプレミアムで 18時から放送とのことです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です