ヤンキース 黒田、今季初勝利

ヤンキースの黒田博樹投手が 2014年4月7日、ニューヨークでのオリオールズ戦に先発しました。
黒田は今季 2度目の先発登板で、6回 1/3を投げ、8安打 2失点、無四球 4奪三振。

試合はヤンキースが「4‐2」で勝ちました。

黒田は 2日のアストロズ戦で 6回を投げて 3安打2失点の好投でしたが、ヤンキースが「1‐3」で敗れたため、今回が今季初勝利。

黒田が勝利投手になるのは、2013年8月12日のエンゼルス戦以来です。

7日の試合、黒田の調子は良くなかったようですが、堅実なピッチングで安定しています。
黒田は 150キロくらいのスピードの球を投げるし、39歳という年齢を考えると凄いです!

なお、イチロー外野手は 9回裏に今季初めて途中出場し、ライトを守りました。

守備固めとはいえ、大リーグの試合に 40歳で起用されるのは凄いことだと思います。
でも、やはり、イチローが打者として活躍する姿も見たいものです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です