黒田 KO、ヤンキース連敗

ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹投手(以下、敬称略)が 2014年9月9日(日本時間では 10日)、本拠地でのレイズ戦に先発登板しました。

黒田は 3回1/3 を投げ、9被安打 4失点、無四球 5奪三振。
試合は、ヤンキースが「3‐4」で破れ、2連敗。黒田が負け投手です。

黒田の今季の成績は、10勝9敗、防御率 3.91 となりました。

黒田は今季、5年連続 2桁勝利を達成しましたが、5年連続 2桁敗戦も達成しそうです。

今季の黒星の数が 9でストップしてほしいものです。

なお、イチロー外野手は「7番ライト」で先発。
3打数2安打し、打率 2割8分7厘になりました。
また、7回に今季12個目の盗塁を試み、成功しました。

今季の残り試合も少なくなりました。
黒田やイチロー等、日本出身の選手たちが良い結果を残してくれることを期待します。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です