時給840円の研究助手

今日(2015年4月2日)の午後、掲示板「スラッシュドット・ジャパン」を閲覧中に知ったのですが、独立行政法人国立病院機構・鳥取医療センター難治性脳疾患研究室が 2015年02月01日から 2015年03月31日までの期間、時給840円で研究助手を公募していました。

募集期間は既に終了していて、求人公募情報は非公開になっていますが、本稿執筆時点では Googleキャッシュが残っていて、内容を知ることが出来ました。

「給与は原則時給840円、資格により面接時に相談に応じます、週5日、午前9時~午後3時30分まで。健康保険あり、通勤手当あり」とのことですから、休憩時間ゼロとして、1日の勤務時間は 6時間半。
日給 5,460円。

月に 21日の勤務の場合、月収 114,660円となります。

本稿執筆に際し、鳥取県の最低賃金を調べたところ、時給 677円でした。
時給840円は、鳥取県最低賃金よりは高いですが、高給とはいえません。

本件の求人内容を読むと、「研究助手としていますが、実際は独立した研究者としてやって頂きます。論文も書いて頂きます」との記述もあり、求められる仕事のレベルは時給の割に高いです。

求人情報には「まずは1年間、頑張って頂きます」との記述があり、本気の求人のようにも見えますが、学生の生活費を補助するのが狙いの形式的な公募なのかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です