98地点で真冬日 2014/12/03

2014年12月3日(水)、日本は全国的にこの冬一番の寒さで、気象庁の 927の観測地点のうちの 98地点で真冬日だったそうです。
真冬日とは、一日の最高気温が摂氏0度以下の日をいいます。

この日は、北日本から東日本の広い範囲で、上空 5千メートル付近に零下30度以下の寒気が流れ込み、北海道や東北、北陸の日本海側を中心に強風や雪で大荒れとなりました。

仙台と山形を結ぶ JR仙山線(せんざんせん)では午前7時40分頃、雪の重みで倒れた木が架線に触れたことで停電となり、山形発‐仙台行きの快速が山形市の山寺駅と面白山高原駅の間で止まり、約300人の乗客が 8時間近く、列車内に閉じ込められました。

静岡県内各地でもこの冬一番の寒さとなり、私の地元(静岡県富士宮市)も寒かったです。
ただし、地元は真冬日ではなく、私の体感での最高気温は 12度くらいでした。

基本的に暑がりの私ですが、寒さが続くことは望んでいません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です