ACミラン、マンチェスター・シティに大敗

ACミランが 2014年7月27日、プレシーズンマッチ「インターナショナル・チャンピオンズカップ」でマンチェスター・シティと対戦し、「1‐5」で大敗しました。

この試合、ミラン所属の本田圭佑選手(以下、敬称略)は 3トップの右側で先発し、後半40分までプレーしましたが、得点に絡むプレーはありませんでした。

ACミランといえば、「UEFAチャンピオンズリーグ」で 1992-1993シーズンから 3季連続で決勝進出した実績を持つ名門チーム。

親善試合とはいえ、一方的な内容の敗北は、過去のミランの栄光を思うと、悲惨という印象です。

この大会で、インテルとローマは悪くない戦いぶりでしたので、セリエA のレベルが低いというよりも、ACミランが弱くなったということなのでしょう。

セリエA の開幕までにチームの問題点を出来る限り改善しないと、ACミランがセリエB に降格する可能性もあるか?


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です