MLB 第85回オールスターゲーム

メジャーリーグベースボール(MLB)の第85回オールスターゲームが、ツインズの本拠地ミネソタ州ミネアポリスのターゲット・フィールドで、2014年7月15日(日本では 16日)に行われ、「5‐3」でアメリカン・リーグ(以下、ア・リーグ)が勝ちました。

通算成績は、ア・リーグの 40勝43敗2分。

MVP には、3打数2安打2打点のマイク・トラウト外野手(エンゼルス)が選ばれました。

この試合は、今季限りで引退のデレク・ジーター(ヤンキース)の最後のオールスター戦。
ジーターは「1番ショート」で先発出場し、4回の守備で退くまでに 2打数2安打。

ジーターは 14度のオールスター戦で通算27打数13安打、打率4割8分1厘となりました。

日本人選手では、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手とボストン・レッドソックスの上原浩治投手がア・リーグのメンバーとして出場しました。

ダルビッシュは 3回表に 3番手で登板し、1回を投げ、無安打 1奪三振。
2番打者から始まる好打順を三者凡退に抑えました。ただし、3番トロウィツキー(ロッキーズ)はレフトフライ、4番ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)はヒット性の当たりのセカンドライナー。

なお、ダルビッシュはトロウィツキーに 56マイル(約91キロ)のスローカーブも投げ、観衆を沸かせました。

上原は 6回表、2アウト3塁の場面に 7番手で登板。
打者 1人を空振り三振に打ち取りました。

MLB のオールスター戦での日本人投手の登板は、2007年の斎藤隆(ドジャース)以来で、ダルビッシュが 5人目、上原が 6人目。
また、日本人投手が同じ年に 2人登板したのは、今回が初めてだそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です