餅つき 2013

2013年12月28日(土)の午前中、我が家で餅つきが行われました。

ここ数年、私が屋外でモチ米を蒸す(むす)作業を担当することが多かったのですが、今回は母と妻が実作業を担当し、私は何もしませんでした。

例年通り、お飾り用の餅と雑煮用の餅の他に、小豆(あずき)でできた餡(あん)を餅で包んだものも作りました。
これを、我が家では「あんころもち」と呼んでいますが、世間一般では、「餅を小豆でできた餡で包んだもの」を あんころ餅と呼ぶようです。

数年前までは、母が小豆から餡を作っていたのですが、近頃は市販の餡を使用しています。

市販の餡は私には甘すぎるので、母から餡の作り方を聞いておこうかと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です