迎え火 2016

自宅の庭で 2016年8月13日(土)の 17時頃、お盆の迎え火を焚きました。

前年同様、木は使わず、新聞紙 1枚を丸めて燃やしただけの極端に簡略化した方法ですので、点火してから後始末を終えるまでに要した時間は 5分足らずです。

迎え火のやり方についてネットで情報収集してみたところ、昔は「墓参りした後で火を焚いて、自宅まで先祖と一緒に帰る」スタイルだったようです。
墓地で迎え火を焚くことは可能ですが、あまり気が進みません。

我が家では迎え火や送り火の際、かつては自宅の庭(玄関前付近)で藁や枯れ木を燃やしてましたが、私の子供たちは新聞紙を丸めて燃やす方法しか経験していないはずです。

来年は藁や枯れ木を使ってみようかと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です