中島、2Aに

プロ野球選手の中島裕之(なかじま ひろゆき)内野手がオークランド・アスレチックス傘下の 3Aチーム「サクラメント・リバーキャッツ」から 2Aの「ミッドランド・ロックハウンズ」に所属変更となったことが、現地時間の 2014年4月30日に発表されました。

2A の最高年俸選手になったそうです。

中島内野手(以下、中島)は、2000年のドラフト会議で西武ライオンズから 5位指名され、入団。
2004年のシーズンから一軍に定着し、2009年に最多安打のタイトルを獲得する等、活躍しました。

2012年12月にオークランド・アスレチックスと 2年契約し、2013年のシーズンから米国に活動の場を移しましたが、現在に至るまで、3A での出場のみで、大リーグ(MLB)での試合には出場していません。
中島は今シーズン、3A で 12試合に出場し、打率 1割2分8厘。

2013年の開幕前に負傷で故障者リスト入りする不運があったとはいえ、メジャーの厳しさを感じます。

内野手と外野手の違いはありますが、イチローと松井秀喜は別格なのでしょう。

内野手で日本のプロ野球からメジャーに挑戦し、ある程度は成功した選手というと、井口、松井稼頭央、城島、岩村くらいか?

中島は 1982年7月31日生まれで、満31歳。
日本での成功に満足せず、メジャーに挑戦したのは立派だと思いますが、見切りをつけて日本球界に復帰する方が賢明かもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です