ヤンキース、逆転サヨナラ負け

ニューヨーク・ヤンキースが 2014年5月23日、シカゴでのホワイトソックスとの試合で逆転サヨナラ負けしました。

試合は、1回表のマキャンの 3ランでヤンキースが先制しましたが、1回と 4回にエラー絡みで各1点を失い、5回には先発の黒田が逆転2ラアンを打たれ、8被安打4失点(自責点2)で降板。

その後、ヤンキースは 7回に 2得点して逆転しましたが、9回裏に 2ランが出て、「5‐6」で破れました。

黒田に勝敗はつかず、今季成績は 3勝3敗、防御率 4.55 となりました。

なお、イチロー外野手は「7番ライト」で先発出場し、2打数1安打2四球でした。
打率は、3割7分3厘。

イチローは四球での出塁が少ない選手という印象なので、2四球は意外でした。

ヒットでの出塁の方が見ごたえがありますが、出塁率という観点では、四球はヒットと同じです。

控えのイチローがレギュラーに定着するためには、四球を選ぶスタイルの方が有利なのかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です