ヤンキース、今季46勝46敗に

ニューヨーク・ヤンキースは 2014年7月11日(日本では 12日)、敵地で行われたボルティモア・オリオールズ戦で、「2‐3」でサヨナラ負けし、今季46勝46敗となりました。

ヤンキースの先発は、黒田博樹投手。
黒田は 7回を投げ、3被安打3奪三振2与死球2失点。

黒田は「2‐2」の場面で降板し、8回と 9回はベタンセスが投げました。

ベタンセスは死球で出塁を 1度許したのみで、失点ゼロ。
10回裏、3番手でウォーレンが登板しましたが、最初に対決した 7番打者に二塁打を打たれ、次の打者は三振に打ち取ったものの、9番打者にサヨナラ安打を打たれました。

イチロー外野手は「7番ライト」で先発出場し、4打数2安打(2塁打2本)で、打率 3割6厘。

7試合連続安打です。

チームの状況は良くないですが、地区優勝をあきらめずにヤンキースの選手たちがプレーしていくことを期待します。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です