ヤンキース、9連続安打

大リーグのニューヨーク・ヤンキースが 2014年8月27日(日本では 28日)、敵地デトロイトでのタイガース戦で 9連続安打の猛攻を見せました。
ヤンキースは 3回表、先頭の 1番打者エルズベリーから 9番打者セルベリまで、9連打したもの。

惜しくもアメリカン・リーグの連打記録(10連打)には届きませんでしたが、この回、ヤンキースは 9連打と 2本の犠打で、一挙 8点を取りました。

試合は、ヤンキースが「8‐4」で勝ちました。

この試合、イチロー外野手(以下、敬称略)は先発せず、7回裏に守備固めで起用され、ライトに入りました。

イチローは 9回表、キャッチャー前の内野安打で出塁し、6試合連続安打。
なお、イチローが一塁に駆け込んだ際、キャッチャーからの送球がイチローに当たりましたが、特に負傷したということはないようです。

イチローは 1打数1安打で、打率 2割8分9厘となりました。

9連打は素晴らしいですが、その中にイチローの安打がなかったのは残念!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です