送り火 2016

自宅の庭で 2016年8月16日(火)の午前7時過ぎ、お盆の送り火を焚きました。
三日前に行った迎え火と同様、木は使わず、新聞紙 1枚を丸めて燃やしただけの簡略な方法。

送り火を焚くタイミングは、15日の夕方か 16日の朝、あるいは 16日の夕方が一般的なようです。

その後、母と子供たちを連れて、車で墓地に行き、墓参りしました。

なお、お盆飾りの精霊馬(キュウリの馬とナスの牛)については、本来は送り火の際に燃やして供養するのが良いと思いますが、新聞紙 1枚の「送り火」では確実に野菜は燃え残ります。
何年か前までは精霊馬を近所の川に流してましたが、近頃は環境問題でうるさいので、川に流す気にはなれません。

塩で清め、白い紙で包んで、可燃ゴミとして処分することも考えましたが、地方自治体のゴミ回収に出すのは気が進みません。

結局、今回は我が家の休耕地にキュウリの馬とナスの牛を置き、近くの草を抜き、キュウリとナスの上にかけてきました。
多分、そのうちにキュウリとナスは土と同化するのでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です