Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/anafx/www/lifexyz/blog/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

どんど焼きの準備 2014

2014年1月11日(土)の午前11時頃、どんど焼きの準備を行いました。

どんど焼きは、小正月(こしょうがつ)に行われる火祭りの行事で、注連飾り(しめかざり)や書初めで書いたもの等を燃やし、その火で焼いた餅または団子を食べるというもの。

小正月とは、1月14日の日没から翌15日の日没までを言うので、どんど焼きは本来、1月14日の夜または 1月15日の朝に行われるのが一般的でした。

私が子供の頃、私の住んでいた辺りでは、1月14日に行われてました。

「成人の日」が 1999年までは 1月15日だったのが、2000年から 1月の第2月曜日に変更されたことに伴い、近頃では 1月の第2日曜日に実施されることが多くなっています。

私の地元(静岡県富士宮市)で、どんど焼きの必須アイテムといえば、三本槍(さんぼんやり)と称する、三つ又の槍状に加工した木の枝。
この三本槍に、うるち米を加工した粉で作った団子を付け、アルミホイールで包んだ状態で焼くのが一般的です。

三本槍は、地元のスーパーで数百円で販売していますが、今回、我が家では近所の人から貰いました。
団子については、スーパーで購入済。

既に三本槍と団子の準備は済んでいます。

今日(1月11日)は、注連飾りや剪定枝を軽トラに積み、どんど焼きの会場に置いてきました。
例年よりも木の枝の量が少ない気もしますが、どんど焼きを行うのに不足ということはなさそうです。

明日(1月12日)の午後、子供達と一緒に団子を焼いて食べる予定。

森本哲郎、死去

評論家の森本哲郎(もりもと てつろう)氏が 2013年1月5日に虚血性心不全で死去したことが、明らかとなりました。
88歳。

森本哲郎(以下、敬称略)は、東京新聞記者、朝日新聞記者を経て、フリーの評論家に転身。
テレビ(TBS)の情報番組のキャスターや大学教授だった時期もあります。

元NHKアナウンサーの森本毅郎(もりもと たけろう)氏の兄でもあります。

森本哲郎は文明批評で知られ、多くの著書があります。
その中で、1989年に出版された「ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書」が特に私の印象に残っています。

カルタゴは、約2000年前に北アフリカ沿岸(現在のチュニジア辺り)にあった小さな通商国家。
カルタゴは地中海貿易で栄えましたが、当時の超大国「ローマ帝国」に滅ぼされました。

「ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書」の初版が出版された頃、日本は GDPで世界第2位の経済大国でした。
バブル景気で土地価格や株価が高騰し、東京の山手線内側の土地の価格が米国全土を購入できるくらいでしたし、日経平均株価は 1989年12月に高値 3万8915円を付けてました。

「ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書」が出版された当時、カルタゴとローマ帝国の関係と 日本と米国の関係の類似が話題となり、ベストセラーになったと記憶しています。

バブル崩壊後、日本経済は「失われた20年」と言われる低迷状態が続きましたが、現在でも日本は経済大国の一つとされています。

現在の日本について、森本哲郎はどのように考えていたのか。
ふと、そんなことを思いました。

ポピュラス ザ・ビギニング、レベル9をクリア

2014年1月9日の 13時25分頃、ゲーム「ポピュラス ザ・ビギニング」(Populous: The Beginning)の第9面(レベル9)をクリアしました。

ポピュラス ザ・ビギニング 09: Fire in the Mistは、プレイ開始時点ではマップの多くの部分が霧で見えない状態になっていて、プレイヤーの操作するキャラクターを移動させることによって、キャラクター周辺の風景が明らかになります。

レベル9をプレイし始めた 1月7日の夜の時点で難しそうだと感じてましたが、プレイしてみたところ、思っていたよりは簡単でした。

ただ、どこに何があるか分からない状況のため、最初は無駄な方向への移動を繰り返し、マップの概要を把握するまでに時間がかかりました。

8日の夜にクリアしたかったのですが、結局、9日になってからのクリアとなりました。
クリアするまでのプレイ時間は、合計 3時間以上。

今回、ゲーム中に入手できるスペルや知識は全てゲットしましたが、いずれも使用しませんでした。

それらを使っていれば、もう少し簡単にクリアできたかもしれません。

プレイしている時は気づきませんでしたが、後で考えてみると、かなり無駄なことをしていました。

次にレベル9をプレイするときは、1時間以内でクリアしたいものです。

ポピュラス ザ・ビギニング、レベル9 攻略開始

ゲーム「ポピュラス ザ・ビギニング」(Populous: The Beginning)について、2014年の正月三が日は攻略作業を休み、1月4日から本格的なプレイを再開しました。

昨年(2013年)のうちに第8面(レベル8)までクリア済ですが、ちょっと思いついたことがあり、実験のため 4日と 5日は第6面(レベル6)をプレイしました。

これまで、私は基本的に「転生の地」の近くに建物を建てていたのですが、今回は島の西側、黄色の部族(チャマラ)の領域の近くの海沿いに建物を建ててみました。

緑の部族(マタク)の領域と青の部族(プレイヤーの操作対象)の間にチャマラの領域が存在する形になるため、マタクからの直接攻撃を受けにくくなりました。

でも、土地が狭く、建物を増やすのが面倒 というデメリットもあり、得策ではなさそうです。

2014年1月7日の夜から、ポピュラス ザ・ビギニング の第9面(レベル9)の攻略を開始しました。

レベル9は、プレイ開始時点では霧で見えない領域が多く、難しそうでしたが、プレイを続けていくうちにコツが分かってきました。

8日の夜にクリアしたいと思います。

七草粥

日本の多くの地域では 1月7日の朝に七草粥(ななくさがゆ)を食べる風習があり、今日(2014年1月7日)の午前7時半頃、我が家でも朝食として七草粥を食べました。

七草粥は、春の七草と餅を具材とする塩味の粥。

春の七草とは、以下のものを言います。

  • セリ
  • ナズナ(別名: ペンペングサ)
  • ゴギョウ(ハハコグサの別名)
  • ハコベラ(コハコベの別名)
  • ホトケノザ
  • スズナ(カブの別名)
  • スズシロ(ダイコンの別名)

七草粥に全ての七草を使う家庭もありますが、一部の七草だけを使う家庭もあります。
地方によって食材が異なり、雑炊(ぞうすい)や汁粉(しるこ)など、粥以外の料理の場合もあります。

我が家では例年、餅の他にセリ、スズナ、スズシロの 3種を使うのですが、今年は餅とスズシロだけでした。

なお、新年の 1月7日までを「松の内」(まつのうち)といい、6日の夕方か 7日に正月飾りを片付けることが多いです。

我が家では、私が 7日の朝食前に正月飾りを片付けました。

正月飾りを片付け、七草粥を食べると、正月が過ぎたことを実感します。

仕事始め 2014

新年になって初めて仕事することを仕事始めといいます。

日本には古くから、1月2日に形式的に普段の作業を行い、1年間の仕事上の安全や技能の上達を願う習慣がありました。

形式的な作業としては、農村での田畑への鍬入れ、漁村での舟の乗り初めなどが挙げられます。

日本以外の多くの国々では、新年の最初の日である元日(1月1日)は休み、1月2日は普段通りの業務が行われますが、現在の日本では一般的に、1月1日から 3日までの正月三が日を休日としており、官公庁では 1月4日を 官庁御用始め として、1年で最初に執務を行う日としています。

今年(2014年)は、1月4日が土曜日のため、1月5日が御用始めとなり、多くの民間企業も 1月6日を仕事始めとしました。

私の場合、予定外の商談が発生した結果、1月4日が仕事始めとなりました。
5日は普通に休み、今日(2014年1月6日)から普段通りの作業を行っています。

ただ、年末年始に長く休んだ影響で、まだ普段よりも作業の速度はスローダウンしたままです。

明日からは、普段のペースで作業しなくては!

光学迷彩、実用化へ

NHK総合の生活情報番組「あさイチ」(平日 8:15 – 9:54)で 2014年1月6日(月)、もうすぐ実現!?未来のすご~い暮らしと題して、自動運転車や家庭用ロボット等の新技術を紹介していました。

私が興味深いと感じたのは、「光学迷彩」で、この日の番組では 8時半過ぎに取り上げられていました。

光学迷彩とは、視覚的(光学的)に対象を透明化する技術。

この技術は、TVドラマ「スタートレック」シリーズでの遮蔽装置(しゃへいそうち)など、多くの SF作品に登場してきたもので、漫画では、士郎正宗の「攻殻機動隊」(こうかくきどうたい)に出てくる 熱光学迷彩がよく知られています。

光学迷彩の実用化については、何年か前にイギリス軍の「透明な戦車」について報じられたことがありました。

1月6日の「あさイチ」では、後部座席が透明な乗用車の試作車を紹介してました。

後部座席が透明だと、バックで車庫入れする際に便利そうです。

ドラゴンボルヒーローズ

イオンのゲームコーナーで 2014年1月5日(日)の午前10時過ぎ、子供(長男)が初めて「ドラゴンボールヒーローズ」をプレイしました。

ドラゴンボールヒーローズは、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」及びそのアニメ作品のシリーズを題材としたトレーディングカードアーケードゲーム。

長男は、ドラゴンボール全般について無関心だったのですが、上述のトレーディングカードアーケードゲームが 2013年11月14日に「ドラゴンボールヒーローズ 邪悪龍ミッション」にリニューアルした辺りから興味を持つようになり、ドラゴンボールヒーローズのカードを集めるようになりました。

長男は、初めてのプレイでは、初心者向けのモードを選び、無難に勝利。
まずまずのスコアでした。

約1時間後、長男は玩具売り場の近くにあるマシンで、もう一度「ドラゴンボールヒーローズ」をプレイしました。
今度はノーマルモードを選択しましたが、ファイナルステージで敗北。

達人への道は遠いようです。

2014年はじめての商談

2014年1月4日(土)の 19時過ぎ、我が家に不意の来客がありました。

私は、BS11で 19時から放送のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第14話を子供達と一緒に居間で鑑賞中でしたが、リアルの仕事の用件だったので、子供達を 2Fに移動させ、居間で来客応対しました。

正月気分が抜けていないところに今年はじめての商談が舞い込み、少し緊張しましたが、無事に説明を終えました。

リアルの方の仕事は 1月6日から再開の予定でしたが、予定よりも早い仕事始めとなりました。

今回の件は、顧客が資料を持ち帰り、検討してから返事がくることになりました。

まだ商談が成立したわけではありませんが、新年早々、好調なスタートになりそうな気分。

前年よりも売り上げが上がるよう、頑張らなくては!

ラーメン二郎 1年387杯のブログ、更新終了

「ラーメン二郎」で 1日1杯以上のペースで食べ続けた男の記録、康太ブログが 2013年12月31日をもって更新終了したことが、ネットの一部で話題になっていました。

ラーメンといえば、麺料理の中でも汁(スープ)に塩分が多く含まれています。
厚生労働省では、「1日に 10グラム以下の塩分摂取」を推奨していますが、普通盛りの 1杯のラーメンに含まれる塩分は、少なくとも 5グラム以上。
店やメニューによっては、10グラムを楽に超えているはずはずです。

ラーメン二郎は、味の濃さで知られており、確実に 10グラムを超えていると思われます。

上述の「康太ブログ」の執筆者は、毎日、ラーメン二郎で食事し、1年で 387杯、汁まで“完飲”していたそうです。

腎臓や肝臓には負担だったはずで、健康的な食生活とはいえません。

私の場合、ラーメンではなく、レトルトのカレーライスを毎日のように食べていた時期があり、その後、通風の発作を起こしました。

2013年12月31日に「康太ブログ」に投稿された記事には、「インフルエンザに罹ったり、体調を崩すことも無く」との記述があります。

それが本当なら、健康に何らかの問題が出る前にブログを更新終了したのは好判断といえます。

ただ、「諸般の事情により、BLOGの更新は、今回を以て終了となります」との記述もあり、ブログの筆者の健康状態が「諸般の事情」なのかもしれません。

また、「康太ブログ」は店の宣伝目的のためのブログで、康太という人が実在しない可能性もあります。

真実は分かりませんが、一人前の大人の体調管理は自己責任。
健康のため、食事内容には注意したいものです。

元プログラマーの仕事ブログ