ノートPCを使う姿勢

夏の間は 2Fの仕事部屋兼寝室で作業することの多い私ですが、ここ数年、居間にコタツがある時期は、主に居間で作業しています、

コタツの高さは、天板も含めて約44センチメートル。
足をコタツに入れた姿勢でコタツ上のノートPCを使おうとすると、私にはキーボードの位置が高すぎて、文字入力しにくいです。

座椅子や座布団、正座で高さ調節する手はありますが、私は基本的に座椅子や座布団を使わない習慣で、この習慣を変える気はありません。
正座での作業はよく行いますが、正座は膝への負担が大きく、長く続けないようにしています。

両足を前に投げ出す 長座の姿勢で、腿(もも)の上の辺りに PCを置くことは、よくやります。
こたつ布団の上では安定しないので、100円ショップで購入した簀子(すのこ)を作業台として利用しています。

ただ、長座を背もたれなしで続けるのは意外に大変です。

うつぶせになって作業することも多いですが、腕と首が疲れます。

結局、どの姿勢にも長所と欠点があり、十数分おきに適当に姿勢を変えて仕事しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です