東京五輪最終聖火ランナー、死去

1964年の東京五輪で最終聖火ランナーを務めた坂井義則(さかい よしのり)氏が、脳出血のため 2014年9月10日に死去しました。
69歳。

坂井氏は、陸上の短距離ランナーだった人で、広島に原爆が投下された 1945年8月6日に広島県三次市で生まれました。

東京オリンピックの 400mと 1600mリレーで強化選手でしたが、代表選考会で敗退。
オリンピックの聖火ランナーに選ばれ、開会式では国立競技場で聖火台に点火しました。

その後、坂井氏は 400mと 1600mリレーで活躍し、1966年のバンコク・アジア大会では 1600mリレーで優勝、400mで第2位の成績を残しました。

早稲田大学卒業後、フジテレビに入社し、主にスポーツ関連の報道に携わったそうです。

2020年の東京五輪開催が決まったときには喜ばれただろうと思いますし、6年後のオリンピックを客席で見ることを楽しみにしていたことと思います。

ご冥福をお祈りします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です