千本街道を往復

自宅から沼津市内の某所に父を送迎するため、2014年6月5日の午前中に車を運転し、途中、千本街道を往復しました。

千本街道とは、静岡県道380号富士清水線(旧国道1号線)のうち、富士市の檜交差点と沼津市の西間門(にしまかど)交差点の区間。
海岸沿いにある千本松原(せんぼんまつばら)に並行していることから、千本街道と呼ばれるようになったそうです。

地元(静岡県富士宮市)から沼津市街へは、国道1号の通称「沼津バイパス」を利用する手もありますが、私には県道380号の方が運転が楽に感じます。

私が子供の頃、父の運転で何度か千本街道を通ったことがあります。

行き先は、沼津近辺の海水浴場など。

近頃は、年に何度か、私の運転で父と千本街道を通っています。

私の父は、初老の頃までは自ら車を運転して県外に行くことがあったのですが、数年前に運転をやめ、昨年には運転免許証を返納。

近所へは母が送迎することもありますが、目的地まで車で 30分以上の場合、私が父を送迎することになっています。

これから先、父と何回くらい千本街道を通ることができるか。

そのことを考えると、少し厳粛な気持ちになります。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です