ソニー株、初の無配

ソニーが 2014年9月17日(水)、2015年3月期の業績見通しの下方修正と無配転落を発表しました。
ソニーの株が無配になるのは、1958年の上場以来初めて。

業績は、当初見込みでは 500億円の赤字でしたが、2300億円の赤字に修正。

なお、

下方修正の要因として、スマートフォン(スマホ)事業の苦戦が挙げられており、この日、1000人規模の人員削減を行うことも発表されました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です