「蜂」タグアーカイブ

ハチの巣を 2個駆除

2016年7月1日(金)の午前11時過ぎ、約1週間ぶりに自宅の裏庭を見まわったところ、ハチの巣を 2つ見つけました。
一つはビニールハウスの中にあり、もう一つは屋外の物置に立て掛けてある廃材の表面に作られてました。

どちらもアシナガバチの巣で、大きさは 10センチ未満。
巣の外側には数匹の蜂がいて、「工事中」のように見えました。

アシナガバチは益虫なので、私や家族に危険がない場所なら巣を放置しておいてもよかったのですが、今回は家族が農作業する場所の近くにあり、家族が作業中に蜂に刺される危険大。
駆除するべきと判断しました。

ハチの巣の駆除は、夕方か早朝の薄暗い時間帯に行うのが基本ですが、私の都合により、今回は 16時頃に行いました。
スプレーで巣を直撃し、蜂が地面に落ちるか逃げ去った後、足やホーキで巣を地面に落としてから踏み潰しました。

しばらくの間、巣を失った蜂が周辺をうろつくかもしれませんが、そのうちにいなくなるはずです。

ハチ用スプレー到着

2016年5月18日(水)の午前中、前日にネットショップで注文したハチ用スプレーが到着しました。

ここ数年、我が家では約10メートル先まで届く長距離タイプのスプレー式殺虫剤を使っていましたが、今回は射程距離が 2~3メートルの殺虫剤を購入してみました。

実際のところ、私はハチの巣の 1~2メートルくらいの距離からスプレー噴射することが多く、3メートルを超える距離から噴射することは滅多にありません。
一昨日(2016年5月16日)は裏庭で 3個の蜂の巣を破壊しましたが、いずれも近距離からの噴射でした。

ただ、今後、3離れネートルを超える距離から蜂に対抗したい状況が生じないとは限りません。
近いうちに長距離タイプのスプレーも入手しておこうと思います。

2016年最初のハチ退治

2016年4月30日(土)の午後、今年最初のハチ退治を行いました。

私はこの日、13時頃に妻と二人で食料品の買い出しに出かけ、14時半過ぎに帰宅。

自宅敷地内のサクラの木とその周辺で毛虫 3匹を除去した後、敷地内に設置してあるガレージの天井部分にハチの巣があるのを見つけました。
スズメバチだと怖いのですが、今回は幸い、スズメバチではなく、アシナガバチ。

作り始めたばかりの小さな巣でしたので、蜂用のスプレーで巣作り中の蜂を退治し、巣を棒で落として踏みつぶしました。

これから蜂の巣作りの時期です。
今後も蜂の巣の早期発見を心掛け、巣が大きくなる前に対処したいものです。

アシナガバチの巣を除去

2014年7月9日の午前4時、妻に起こされて起床しました。
枕元で目覚まし時計が鳴っていましたが、私は気にせずに眠っていたようです。

近頃の私は、午前0時頃に就寝して午前6時過ぎに目覚めることが多いのですが、この日は蜂退治のため、早起き。

蜂に備え、厚手の長袖の服と長ズボンに着替え、頭からネットをかぶりました。

まだ外は薄暗く、巣の場所が分かりにくい状態でした。

除去対象の巣の数は 3個。

手始めに、軽トラの荷台の上から殺虫剤を噴射し、1個の巣を攻撃。
その後、長さ 150センチくらいの棒で巣を落とし、地面に落ちていた蜂の死を確認しました。

幸い、スズメバチではなく、アシナガバチでした。

次に、前日に作り始めていた小さな巣を、スプレー噴射後に棒で落としました。

最後に残った巣は、高さ 4メートル近い場所の鉄製の角パイプの中にあります。
角パイプの穴から蜂が出入りしていて、外からは巣が見えない状態です。

角パイプの穴の辺りにスプレーを噴射したところ、数匹の蜂が中から出てきました。

穴の辺りに何度かスプレー噴射しましたが、巣へのダメージの程度は分かりません。

後日、穴から殺虫剤を入れ、穴をふさいでしまうつもりです。

蜂の巣を複数発見

2014年7月8日の午前10時半過ぎ、自宅の居間の窓の外に大きめの蜂がいるのを見て、周辺を捜索してみたところ、自宅敷地内に複数の蜂の巣を発見しました。

巣の場所は、地面から 4メートル近く上にあり、アシナガバチの巣のようです。

また、巣から 2メートルほど離れた場所で、数匹の蜂が群がっていました。
新しい巣を作ろうとしているのかもしれませんが、私には分かりません。

明日(2014年7月9日)の午前4時過ぎに蜂退治を行うことにしましたが、蜂用の殺虫剤が残り少ないので、今日の午後、地元のホームセンターで買ってきました。

17時頃、居間から双眼鏡で観察してみましたが、結局、蜂の種類がアシナガバチかどうか、分かりませんでした。

万が一、スズメバチだったら、かなり危険です。

明日は重装備で作業しなくては!

ヒメスズメバチを確認

2014年6月21日(土)の午前11時頃、台所で昼食の準備をしていた妻が、自宅の裏にある通路に大きな蜂がいるのを見つけました。

私も台所の窓から蜂を目撃し、スズメバチだと判断しました。

スプレー式の殺虫剤を持って通路に行ったところ、先に妻がスプレーで蜂を退治してました。

その後、ネットで情報収集してみたところ、日本には 7種のスズメバチ(オオスズメバチ、コガタスズメバチ、キイロスズメバチ、ヒメスズメバチ、モンスズメバチ、チャイロスズメバチ、ツマグロスズメバチ)が生息していることが分かりました。

今回、自宅裏の通路に来ていたのは、ヒメスズメバチでした。

ヒメスズメバチは、スズメバチの中では大人しく、毒性もそれほど強くないそうです。

その後、自宅裏の通路周辺を捜索してみたところ、ヒメスズメバチの巣は見つかりませんでしたが、ヒメスズメバチの獲物であるアシナガバチの巣が見つかりました。

明日の早朝にでも除去しようと思います。