超合金 太陽の塔のロボ

バンダイのダイキャスト製ロボット玩具シリーズ「超合金」生誕40周年を記念して、「超合金 太陽の塔のロボ」が 2014年9月27日に発売されることが、2014年5月7日に報じられました。

「太陽の塔」は、1970年(昭和45年)に大阪で開催された日本万国博覧会(EXPO’70・大阪万博)の会場に万博のテーマ館のシンボルとして建造された建物で、芸術家の岡本太郎が制作した作品。
当時、「牛乳瓶のお化け」と批判されたりもしましたが、現在では大阪のシンボルの一つとなっています。

「超合金 太陽の塔のロボ」は、岡本太郎記念館長・平野暁臣氏が監修。

塔形態からロボットに変形し、さらに「超兵器発動形態」に変形する仕様になっています。

ロボ形態時の高さは約280mm。

価格は 1万7000円(税別)。消費税 8%を入れると 1万8360円。
2014年5月8日に一般販売店での予約解禁予定とのことです。

岡本太郎といえば、「芸術は爆発だ」という名言がありますが、もちろん、「超合金 太陽の塔のロボ」に爆発機能はありません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です