ヤンキース 田中将大、オープン戦初先発

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が 2014年3月6日、フィラデルフィア・フィリーズとのオープン戦に先発しました。
田中が大リーグのオープン戦で投げるのは 2試合目ですが、先発は初めて。

田中は 3イニングで 41球を投げ、2安打1三振1失点。無四球でした。

1回は 3番打者を三振に仕留めるなど、無難な立ち上がりでしたが、2回には右中間二塁打、3回には右方向にホームランを打たれました。

田中は、楽天に在籍していた昨シーズン、6本しかホームランを打たれていませんが、今シーズンはオープン戦2試合目で初被弾。

試合は、7回と 8回にヤンキースが得点し、「4‐3」でヤンキースが逆転勝ちしました。

大雨と竜巻警報の影響で試合開始が約1時間半遅れた影響もあってか、田中の調子はイマイチ。
湿気でボールに指が掛かり過ぎ、変化球の制球が難しかったようです。

まあ、オープン戦での 2回目の登板なので、結果は重要ではありません。

ただ、メジャーリーグの打者が相手では、日本のプロ野球のようにはいかないでしょう。

大型契約ということもあり、周囲が田中に求めるものは大きいですが、環境に適応して好成績を残せることを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です