ヤンキース 田中、4勝目

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が 2014年5月3日(日本時間で 4日)、チームの本拠地で行われたレイズ戦で先発登板し、4勝目をあげました。

スコアは「9‐3」。

この試合、田中は 4回までに 7本のヒットを許し、3点を失いましたが、立ち直り、7回を投げ、5三振無四球8安打3失点。
防御率 2.53 となりました。

イチロー外野手は「8番ライト」で先発し、二塁打2本を打ち、4打数2安打1打点2得点。
打率は 3割7分5厘となりました。

イチローは前日、延長11回裏のチャンスに代打で出場して、レイズの右投手ベルに打ち取られましたが、この日は 8回、ベルから二塁打を打ち、今季初タイムリー。

ヤンキースは前日の試合まで 3連敗でしたが、この日の勝利で連敗ストップし、1日で地区首位に復帰しました。

それにしても、メジャー1年目で田中の安定感は凄いし、田中が投げる試合は打線の援護がある印象です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です