ヤンキース 田中将大、2敗目

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が 2014年6月22日(日本時間で 23日)、ニューヨークで行われたオリオールズ戦に先発登板し、メジャー 2敗目を喫しました。

田中は 7回を投げて 6被安打6奪三振1四球3失点。
11勝2敗、防御率 2.11となりました。

試合はオリオールズが「8‐0」で勝ちました。

田中はクオリティースタート(6回以上を自責点3以下)でしたが、味方打線の援護に恵まれませんでした。

イチロー外野手は「9番ライト」で先発し、3打数2安打。
今季12度目の1試合複数安打で、打率を 3割1分4厘としました。
なお、相手のエラーにより、イチローはこの試合、全打席出塁。

打線のつながりという点で、イチローは 7番より 9番の方が良いかもしれません。

ただ、この試合のヤンキースは、イチローの 2安打を含めて 4安打。

これでは勝てません。

結果的に、1回裏、1番ガードナーの 3塁打がチャレンジでアウトになったのは痛かった。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です