田中将大が復帰 今季13勝目

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手(以下、敬称略)が 2014年9月21日(日本時間では 22日)、本拠地でのトロント・ブルージェイズ戦に先発登板しました。

田中は、7月8日のインディアンス戦後に痛みを訴え、故障者リスト入り。
右肘じん帯の部分断裂の診断後、治療を受け、リハビリを続けてきました。

この日は 75日ぶりの登板で、5回1/3を投げ、5被安打 1失点 4奪三振 無四球 1与死球。
防御率 2.47 になりました。

試合はヤンキースが「5‐2」で勝ち、田中が今季13勝目(4敗)をあげました。

田中の体調に問題がなければ、次は 9月27日に先発予定だそうです。

この試合、イチロー外野手は「8番ライト」で先発出場し、4打数2安打1盗塁。打率 2割8分5厘になりました。

イチローの今季の通算安打数は 97本。
今季の残り 7試合で 3安打すれば、年間100安打に到達します。

現在の調子なら、余程のことがない限り、100本には届きそうな感じです。

また、ブルージェイズの川崎宗則内野手は、この試合に「6番サード」で先発出場し、4打数1安打 1三振。
打率2割6分5厘になりました。

田中が復帰して好投したのは素晴らしいことですが、今季は無理せず、来季に備えて欲しい気がします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です