レッドソックス、10連敗でストップ

10連敗中だった大リーグのボストン・レッドソックスが 2014年5月26日(日本では 27日)、アトランタで行われたブレーブス戦で「8‐6」で勝ち、連敗ストップしました。

この試合、田澤純一投手は 2点リードの 7回に 5番手で投げ、無被安打無失点。
上原浩治投手は 2点リードの 9回に 7番手で登板し、1アウト後にライト前ヒットされたものの、後続をショートゴロ併殺で片付け、1被安打無失点。

上原は今季10セーブとなりました。
それにしても、昨年にワールドシリーズを制覇したばかりのレッドソックスが 10連敗していたとは、勝負の世界は分からないものです。

レッドソックスは現在、アメリカン・リーグ東地区で 5位。

ここから、巻き返せるか、あるいは 2012年のように地区最下位になってしまうのか?

個人的には、今年も上原がワールドシリーズで活躍することを期待しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です