上原、メジャー通算50セーブ

ボストン・レッドソックスの上原浩治投手が 2014年6月16日(日本では 17日)、チームの本拠地で行われたツインズ戦でメジャー通算 50セーブを達成しました。

この試合、上原はスコア「1‐0」の 9回に 4番手で登板。
ツインズの 3番打者マウアー、4番ウィリンハム、5番モラレスを三者凡退に抑えました。

上原のセーブは、今季 15個目。

なお、メジャー通算 50セーブは、日本人投手では上原が 3人目。

日本人投手のメジャー通算セーブ数のトップは、佐々木主浩の 129セーブ、2位は斎藤隆の 84セーブ。

上原は先発からクローザーに転向したので、佐々木の通算セーブ数を抜くのは大変そうです。

それにしても、防御率 0.57 とは、凄い!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です